【docomo】9月1日からの割引適用回線上限について


8月28日にドコモからのお知らせとして「割引適用条件の変更に関するお知らせ」というのがあります。

ドコモからのお知らせ : 割引適用条件の変更に関するお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

これは結構、このブログをよく読まれている方について影響があるだろうと思われる内容なので、今日は記事にしたいと思います。

お知らせは以下の内容です。

従来は割引適用回数に上限を設けておりませんでしたが、適用回数に上限を設け、割引適用回数が当社の定める一定基準を超えた際は、割引適用の対象外とさせていただきます。
■適用回数に上限を設ける主な割引
月々サポート および 月々サポートを増額するキャンペーン
家族まとめて割
のりかえボーナス
端末購入サポート 等

注意新規契約、他社からの番号ポータビリティ(MNP)によるお乗りかえ時の、携帯電話機購入時の各種割引を対象とします。

つまり、

適用回数上限以上の場合でもdocomoとは契約出来るけど、家族まとめて割、のりかえボーナス、端末購入サポート等については一切適用しないから定価で支払ってね♪もちらん月々サポートもなしで♪

という事だと思います!

これって結構、私たちのようにぐるぐる回線を回してる人には致命的ですよね(^^;)

[adsense]

上限は非公開

次に気になるのは「じゃー上限って何回線になの?」という事ですよね!

これについては151にも聞きましたが一切非公開という事です。これを公表してしまうと結局いたちごっこになるだけでという事で公開しないという事でした。

個人的に気になるのは「適用回線」なのか、「適用回数」なのかです。

たとえば音声契約は1人5回線までと決まっていますが、解約やデータ回線に変更する事でさらに契約が可能ですよね?!

こんな感じで、仮に上限に達していたとしても回線を逃がす事によって、適用上限がクリアされるなら特に問題ないと思いますが、今回はどっちなんですかね?名前の通りにやっぱり適用回数なんですかね?

もし適用回数なら90日ルールのように、何日以内に何回以内とかなんですかね?

まぁ、もちろんこの疑問も151のお姉さんは回答してくれなかったです(>_<)

今後は経験談でこのあたりの基準が見えてきそうなのでしばらくはわからないですね。

最後に

今回の割引適用回数上限の設定は正直、これまでのような回線の回転が出来ないような気がしてきましたね(^_^;)

コメントを残す