一括0円で入手したXperia Z3 Compact(SO-02G)を安く維持しよう!


Xperia Z3 Compact(SO-02G)を一括0円で手に入れたんですが、いくら端末を安く手に入れても維持費にお金がかかっていては意味がないですよね。

そのため、今回は手に入れたXperia Z3 Compact(SO-02G)の維持費を安くする方法をご紹介!

月々サポート

まずは月々サポートですがMNP限定特別割引機種になった事で減額されております。

29,808円(-1,242円/月×24回)

この1,242円をいかに活用するかが胆です!

維持費の計算

ではここから維持費を考えて行きます。

通常契約の場合

まずは普通に使う方のプランです。

docomoは新料金プランの受付のみなので新料金プランでパケットはデータSパック(2GB)で計算します。また端末は一括0円で入手しているはずなので端末料金はかからないとします。

基本使用料:2,916円
SPモード:324円
データSパック(2GB):3,780円
月々サポート:-1,242円
ユニバーサル料:3円
合計5,781円

5,781円これが通常に使う場合の維持費です。端末料金がないので普通に比べると安くなりますね。

シェアパックに入る場合

今回、Xperia Z3 Compact(SO-02G)を手に入れた方は既に他の回線をメイン回線として持っている方が多いのではないでしょうか?既にdocomoの回線を持っていて10GB以上のパケットに加入していればシェアパックに入る事が可能でその場合はデータパックの契約が不要になります。ただしシェアオプション540円が必要になります。

今回手に入れたXperia Z3 Compact(SO-02G)で電話もしたい!という方は以下のプランがおススメ!

音声の場合

基本使用料:2,916円
SPモード:324円
データSパック(2GB):540円
端末料金:0円
月々サポート:-1,242円
ユニバーサル料:3円
合計2,541円

パケットは親回線とシェアになりますが、普通にネット接続出来ますし、維持費が2,538円で電話かけホーダイの回線になります。

データプランの場合

Xperia Z3 Compact(SO-02G)ではネットだけ出来ればいい!という方はデータプラン(基本料金:1,836円)にするとさらに維持費は下がります。

基本使用料:1,836円
SPモード:324円
データSパック(2GB):540円
端末料金:0円
月々サポート:-1,242円
ユニバーサル料:3円
合計1,461円

1,458円で維持が可能です!

寝かせる場合

とりあえず端末だけが欲しかった!!という人はデータプラン(ルーター)に変更する事をお勧めします!

データプラン(ルーター)に変更して、SPモードも外す!こうする事で今回契約したSIMでは通信不可能ですが安く寝かせる事が可能です。データプラン(ルーター)に変更、SPモードを外しても月々サポートが消滅しない事は151で確認済み!ちなみにデータプラン(ルーター)の基本料金は1,296円となります。

基本使用料:1,296円
SPモード:0円
データSパック(2GB):540円
端末料金:0円
月々サポート:-1,242円
ユニバーサル料:3円
合計597円

597円で寝かせ運用が可能となります!

最後に

今はXperia Z3 Compact(SO-02G)を安く手に入れる事が可能で、特にdocomo回線をすでに持っている方は維持費も最安600円程で維持が可能です!私も12月中にデータプラン(ルーター)に変更予定です。

3 件のコメント

  • お久しぶりです!
    いつもわかりやすくて助かってます!!( ^ω^ )
    親回線なくてどうしようか迷ってますが、月々サポートが高いものがあればいいですよね?ただドコモはどの機種かイマイチ掴めていないんですよね。
    何かおすすめあれば教えてください( ̄▽ ̄)

    • こーたさん

      お久しぶりです!!
      いつもコメントありがとうございます(^◇^)

      親回線に使う月サポ大きい機種はやっぱりiPhone6ですね!買取り価格も高いので!
      2台同時購入であれば家族まとめて割も使えるので!

  • 乗り換えですと、おかぼなど割引施策があるので、iPhoneに抵抗のある方は、購入→転売→白ロム購入になるでしょうか?割引施策を使って購入、転売だと実際に出した現金以上になるので、差額で白ロムを購入して運用です、ただ、このやり方だと端末がトラブルに遭遇した時に弱いです。

    高額月サポ回線を用意して、手軽にという事でしたら、カケホ、データS、SPで親回線、寝かせの2台目プラスにはデータプラン【ルーター】とシェアオプションのみで運用すると手軽に行けます、親回線抜きで2台以上寝かしたい場合は、データSやデータMでは無理なので、親回線は10GBプランを組む必要があります、これに残りを全て高額月々サポート回線をルーター化すれば、月額料金は回線が増えるほど安くなります。

    docomoの場合は人海戦術作戦が効果的の様です。

    ただ、見た目にiPhoneとAndroidは料金も統一されているものの、AndroidからiPhoneに同月内機種変更した場合は、料金は日割りにならないみたいです、実際に同月内機種変更は行った事がないのでネット情報ですが。

  • コメントを残す