iPad

2021年に2015年発売のiPad mini4を購入したけどどうなの?

iPad miniが欲しくて中古のiPad mini4を購入したのですが、iPad mini4は2015年発売の5年以上前の製品になりますよね

2021年の今、果たして5年以上前の製品で満足することが出来るのか?

という観点で今日は記事にしたいと思います

見た目は最新版のiPad miniと全く同じ

ipad mini4:発売日 2015年9月20日

iPad mini5:発売日 2019年3月18日

iPad mini4の発売から4年近く経過してから発売となった最新iPad mini5ですが4年経過したにも関わらず、見た目は全く同じになります

項目 iPad mini(第5世代) iPad mini4
サイズ(H×W×D) 203.2×134.8×6.1(mm) 203.2×134.8×6.1(mm)
重さ(セルラーモデル) 308.2g 304g
ディスプレイ 7.9インチ、Retinaディスプレイ 7.9インチ、Retinaディスプレイ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi 2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi
認証 Touch ID Touch ID

このようにiPad mini4とiPad mini5のサイズ、重量、ディスプレイ、解像度はほぼ同じになりますので、見た目からはiPad mini4とiPad mini5の違いを区別することは不可能なくらい一緒です

スペックはやはり劣る

見た目は全く同じiPad mini5とiPad mini4ですが、やはりというか当然、スペックは劣る部分があります、劣る点は大きくは以下になります

項目 iPad mini(第5世代) iPad mini4
プロセッサ

A12 Bionicチップ、M12モーションコプロセッサ、Neural Engine

A8チップ、M8モーションコプロセッサ

Apple pencil(第1世代) ×
True Tone ×
Live Photos ×
容量 64GB、256GB 16GB、32GB、64GB、128GB

チップが古く処理性能が劣る

ipad mini5ipad mini4一番の違いはプロセッサです

iPad mini 5のチップはNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップ、iPad mini4はA8チップ搭載ということで、その処理速度はipad mini4の約3倍違うということです

つまり、その裏返しでiPad mini4はipad mini5と比較して処理速度が1/3程度ということです

ipad mini5が一番強調している点がこのプロセッサの違いですね

Apple pencil(第1世代)が未対応

次にApplepencilへの対応ですが、iPad mini5は対応していますが、iPad mini4は非対応になります。

Applepencilでイラストを描いたり、メモを取ったりなどがipad mini4では出来ないです

True Toneに未対応

True Toneは環境光に合わせてディスプレイのホワイトバランスを自動調整する機能のことで周囲が明るければディスプレイも明るく、周囲が暗ければディスプレイも暗くしてくれるので、目の負担軽減となります

iPad mini5は対応していますが、iPad mini4には対応していないです

Live Photosに未対応

Live Photosとは、臨場感のある「動きのある写真」を撮る機能です。 Live Photosが有効になっていると、 写真の撮影と同時に、その前後1.5秒、合計3秒のビデオも同時に撮影します

これがiPad mini4では非対応になります

容量128GBが最大

容量がipad mini4では最大128GBまでになります

それに対してipad mini5では256GBが最大容量となり、最小容量でも64GBになります

最近ではOSに大きく容量を消費してしまうだけでなく様々なアプリも容量を消費するようになってきているので、容量が大きいほうが良いです

しかし、iPad mini4では最小16GBからになっており、ipad mini4にいろんなアプリを入れて動かしたいとなると容量16GBでは心もとないです

とはいえ全然ありだと思うiPad mini4

色々とiPad mini5と比較してスペック的なiPad mini4のデメリットを上記で紹介してきましたが、私は2021年の今でもiPad mini4は全然ありだと思っています

サイズ、ディスプレイ、ディスプレイサイズ、解像度はほぼ同じで見た目はほとんど違いはないので、普通に使っている分には十分だと思っています。

さらにデメリットとして挙げている点についても考え方によってはデメリットにはならないかと思います。

  • チップが劣っているとはいえ、iPad mini4を比較なしで単独で使った時に処理が遅いかというと全くそんなことない
  • Applepencil使わない
  • TrueTone、Live Photosも正直必要ない

少なくとも私はそう思っています!笑

普通の使い方する分にはiPad mini4はまだまだ使えます

普通の使い方とは

  • インターネットでサイトを見たり
  • SNSを見たり
  • 動画を見たり
  • メールを見たり
  • 電子書籍を読んだり

上記のような使い方などはストレスなく使用出来ています

iPad mini4のメリットは圧倒的なコスパ

やはりiPad mini4を選ぶ最大のメリットは価格です

Apple Storeで販売している最新版iPad miniは64GBで

  • Wi-Fiモデル:45,800円+税〜
  • セルラーモデル:60,800円+税〜

となかなかな金額になります

それに対して今回、私が購入したiPad mini4税込24,800円

めちゃ安いです、しかもセルラーモデルでこの値段

容量は16GBと少し心許ないですが私の使い方では十分満足していますし、高いコストパフォーマンスを発揮する価格と思います

iPad mini 4の買取金額もそれなりに高い

iPad mini 4についてはやはりApple製品だけなことがあり買取金額がそれなりに高いです

この記事を書いている2021年1月10日時点で

AppleStoreでの下取金額は11,000円

さらに、ソフマップの買取価格は18,000円

と結構な金額になります。いつまでこの金額が維持されるかわからないですが、もしやっぱりiPad mini4はしょぼいな~と思っても売却すればそれなりの金額は返ってきます

中古とはいえ、見た目はとてもきれいな状態

私は今回、イオシス中古でiPad mini4の16GBを購入しました

中古スマホやタブレットを購入するのは正直抵抗がありますがイオシスでは安心安全に中古のスマホやタブレット購入できます

私は過去に何度かイオシスでスマホを購入していてその安全性は確認済み

【Xperia】SIMフリー版Xperia XZ1 Compact(G8441)のピンクを購入しました♪ SIMフリー版のXperia XZ1 Compact(G8441)を購入しました♪ 日本ではdocomoから販売されると言われてい...

届いたiPadmini4の状態についてはこちらの記事で紹介しています

中古で購入したiPad mini 4の外観レビュー先日、iPad mini 4についての記事を書きました https://laiyablog.com/used-ipad-mini-4 ...

少しの傷はありましたが全然問題ないレベルの状態で中古でスマホやタブレットを購入するならやはり安定のイオシスです

私が購入したiPad mini4はこちら

☆『iPad mini4

最後に

今回、2021年の今、2015年発売のipadmini4を購入しましたが、私としては全く問題ない製品であまり古さを感じない、十分満足できる商品です

さらに中古で購入しましたが、その状態はとても綺麗で、コスパの高い買い物が出来たと思っています

コメントを残す