楽天モバイル

【楽天モバイル】Rakuten Handの使用感レビュー

Rakuten Handを購入したのが2020年12月19日で、使ってみて1週間が経過したので使ってみての使用感をレビューしたいと思います

外観

まず外観ですがとにかくスタイリッシュでかっこいいことです

ホワイトの背面が本当美しいです

とても税込み20,000円の安いスマホには思えないスタイリッシュさと高級感があります

とても持ちやすい

小さ過ぎず、大き過ぎずとちょうどいい持ちやすさでほんとに持ちやすい

Rakuten Handと名前をつけているだけあり名前負けしていないです

片手で画面全体に届きます

初代iPhone SEとの比較

開封レビュー時の記事はこちらを参照 https://laiyablog.com/rakuten-hand-kaifu

基本性能

Rakuten Handのスペック

Rakuten Handのスペック詳細は以下になります

項目 内容
サイズ(高さ/幅/厚さ) 約138 x 約63 x 約9.5 (mm)
重量 約129g
CPU Snapdragon720G / オクタコア
OS Android10
内蔵メモリ(RAM / ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側) 約4,800万画素 (広角) + 約200万画素 (深度測位)
フロントカメラ(内側) 約1,600万画素
バッテリー容量 2,750mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応/対応
防滴 / 防塵 対応 (IPX2 / IP5X)
生体認証(指紋 / 顔) 対応/対応
VoLTE(Rakuten, docomo, au, SoftBank) 対応 / 非対応 / 非対応 / 非対応
Wi-Fi規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング(Wi-Fi) 10台
  • Snapdragon720Gのオクタコア
  • ダブルレンズカメラ
  • おサイフケータイ対応
  • 指紋認証と顔認証の両方に対応
  • ディスプレイ指紋認証に対応
  • このスペックで税込み20,000円
  • キャンペーンで実質4,980円

とスペックからもコスパ最高のスマホだと思います

ディスプレイ指紋認証が良い!

ディスプレイ指紋認証は私はこのRakuten Handで初めてでしたが指紋認証精度がとても高いのにびっくりしました。ストレスなくディスプレイ上に指を添えるだけでさっと画面ロックされます

指紋認証はやはり便利だと改めて感じましたし、それがディスプレイで出来るというのは先進的な端末だなと感じております

4×4MIMOで通信が速度むちゃくちゃ速いこと

通信速度がむちゃくちゃ速いことにびっくりしました

住んでいる地域によって電波の状況は異なりますし、ベストエフォートなのでその時の混み具合によって数値は変わりますが私が測定した時は楽天モバイルのネットワークめちゃくちゃ速いです

1回目の測定:73Mbps

2回目測定:98.6Mbps

朝の比較的混雑すると言われる時間帯ではありますがダウンロード速度がびっくりする速さが出ました。本当か?と疑いもありましたがどうもRakuten Handは、高速通信を可能にする4×4MIMOという技術に対応しているようですね

詳細はこちらを参照 https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/smartphone/rakuten-hand/

カメラ性能

Rakuten HandにはAIカメラが搭載されていますので「AIシーン認識」という機能があります。

これによりカメラを被写体に向けるとAIが被写体を判別して、ベストな設定や色味で撮影してくれます

こんな感じで自動でシーンを判別してくれます

撮影例:風景撮影

普通の風景撮影

空も綺麗に表現されています

小さい花ですが黄色も綺麗に表現

果物と葉っぱ、そして空

走っている電車を撮影。それなりのスピードで走っていましたがブレることなく撮影できています

撮影例:食べ物

ハンバーグで撮影しました

ハンバーグからにじみ出る肉汁も綺麗に表現できています。美味そう♪

スパゲティ

撮影例:ポートレート

Rakuten Handはダブルカメラなのでポートレート撮影が出来ます。ぼかし具合もカメラアプリから設定する事ができます

ポートレート撮影もそれなりの雰囲気の「ぼかした」写真が撮れます

水の入ったコップ

撮影例:夜景撮影

夜景もそれなりに綺麗に撮れます

\購入はこちら/

Rakuten Handがお得に購入出来るキャンペーン

楽天モバイルでは『Rakuten Hand 発売記念キャンペーン』を実施しています

税込20,000円と十分に安い金額ではありますがRakuten UN-LIMIT Vと同時に申し込みを行うと後日、15,020円相当のポイント還元があるので実質4,980円で購入する事ができます

※2021年1月10日7時更新

2021年1月7日 9時からポイントが最大24,999円相当のポイント還元になり、実施0円で購入することが出来ます

【楽天モバイル】止まらない安売り!2021年1月7日 9時からRakuten Handが実質無料以上のポイント還元を実施(最大24,999ポイント還元)2020年12月8日からRakuten Handが販売されており、発売キャンペーンとして最大15,020円相当のポイント還元をしておりま...

☆『Rakuten Hand実質0円

楽天モバイル

楽天モバイルのメリット・デメリット

次は楽天モバイルを契約して気づいたメリット・デメリットになります。

楽天モバイルのメリット

私自身が楽天モバイルを今回契約して思う楽天モバイルのメリットは

  • 「Rakuten UN-LIMIT V」月額2,980円が一年間無料で使える
  • 通話もRakuten Linkを使えば無料
  • 楽天モバイルの通信品質が意外と良い
  • 楽天モバイルの通信エリアが意外と広い
  • もし楽天モバイルの通信エリア外でもパートナー回線のauネットワークが5GBまで使える

ということです

楽天モバイルを契約して、使ってみて初めて通信品質、通信エリア、通話品質が良いということに気づきました。当初、楽天モバイルは無料ということなので「おそらく安かろう悪かろう」だろうなと品質はそれほど期待していなかったですが、その期待は良い意味で裏切られたましたね

☆『Rakuten Hand 発売記念キャンペーン

楽天モバイルのデメリット

次に楽天モバイルのデメリットですが、通話、通信品質も良い、エリアもそれなりに広い、さらに1年間は無料で使えるということもありメリットしか見えないのですがやはりデメリットもあります。それは

サポート体制が貧弱

ということになります。以下の記事あるように私の嫁が2020年夏に楽天モバイルに乗り換えたのですが、その時にキャンペーンとして20,000ポイント貰えるはずは10,000ポイントしか貰えなかったということがありました

https://laiyablog.com/rakutenmobile-nopoint-1 https://laiyablog.com/rakutenmobile-nopoint-3

結果的には、嫁の認識ミスが原因だったんですが、とにかく原因がわかるまでに1か月半も時間を要しました

  • 問い合わせ先がわからない
  • 問い合わせ番号がわかって電話しても担当が違うから違う番号に電話してくれと案内される
  • 教えられた番号にかけても聞きたいことはSMSの案内になり電話は強制切断
  • チャットで問い合わせしてもレスポンスが超絶に悪い
  • チャットの反応があってもチャット担当者がコロコロ変わる
  • チャット担当者がわかるたびに同じ質問を受けて同じ回答をする

など、とにかくとてもレスポンスが悪いことと、担当がコロコロ変わり同じことを何度も聞かれて、同じ回答を何度もしないといけないことにすごくストレスを感じてました。結果的に問題解決するまでに1か月半近くの時間がかかりました

楽天モバイルは第4のキャリアとして立ち上がったところです。スタート直後はこういうトラブルはつきものではあるかと思いますが1年間は無料だからしかたないかと思うしかないですね

体制のことについてはさんざん悪く書きましたが

サポート体制以外のデメリットは正直今のところ思い当たることはない

です。個人的にはこのサポートの悪さがあったとしても楽天モバイルは素晴らしいサービスを提供してくれていると思っています

最後に

Rakuten Handは正直、税込み20,000円とは思えない価格帯の非常にコスパの良いスマホですし、さらに「Rakuten UN-LIMIT V」の品質も良いですので一緒に契約することをお勧めします。

これで1年間月額2,980円の利用料が無料になり、かつ、Rakuten Handの端末価格も実質0円になります

☆『Rakuten Hand 発売記念キャンペーン

コメントを残す